植物と水にあたって

植物は太古の従来、海で誕生し、かなり36億世代という長く、海という海中を生活の場としてきたと言われています。植物において水は、大事の根幹であり、生活の場であり、子孫を残すポジションであったのです。現在のように“上陸”をしてからも、いよいよ植物において水ははずすことのできない付属であり、水なしでは大事をつないで出向くことはできません。植物の多くは、根、茎(幹や枝を含む)、葉という3つの界隈からできている。元々海の中で長く、生活をしていた植物は単細胞か多細胞で、糸状あるいは葉状をしていますが、それらの細胞個々は水で満たされていて、とにかく高等植物の葉などは、重みの約80~90%を水が占めている。こういう水が多少なりとも減ってしまえば、植物は生命作用を維持することが繁雑として、植物は萎れ、枯れてしまう。例えばイネなどは、潤いの10%が失われただけでも枯れてしまうと言われています。植物の体の中には、根から吸収した水をおっきい梢にまで運ぶ専用の水路があり、これを道管(マツやスギでは仮道管)と呼んでいます。元々把握された水は、こういう道管を通り、周囲の団体を潤しながら梢まで運ばれますが、こういう水を上昇させている刺激として、根圧、毛細管事象、凝集器量、葉の気孔で行われている水の蒸発(蒸散という叫ぶ)が挙げられます。第一に、根の細胞は把握された水で外敵が高まっている結果、導管インナーの水を上に押し上げる器量が生じます。第二に、水の表面張力を通じて管が細いほど水は上昇します。第三に、毛細管です導管内では水の凝集器量(静電的魅力)が著しい結果、大木も水が上昇します。グングン、葉の部分で蒸散が行われ、潤いが空中に解決されると、その水をまかなうために道管インサイドの水はのちへという引き上げられていくことになるのです。また、葉では植物にとりまして外すことのできない光合成が行われていますが、ここでも水が使われます。光合成は、お天道様などの灯エネルギーを使って、二酸化炭素といった水という2種類の無機物から有機物の糖を合成する副作用の事例(光合成では、炭水化物といった酸素が合体わたる)。こういう糖が元々吸収した無機栄養素って結合してさまざまな物質が作られ、植物の栄養分の基本となります。ここで作られた栄養は、師管と呼ばれる団体を通って、植物の身体に行きわたり、最後は根まで届きます。このように、植物のカラダは、いつも潤いが無機物や有機物を載せて(溶かして)巡ってあることになります。植物のほとんどは水でできていますが、多くの種子の潤い容量は約5~20%しかありません。潤いだけでなく、水溶性の栄養や酸素の容量も少なく、これは、一種の“休眠症状”と考えることができます。交代や細胞管理などが得ることなく、ただ休眠しているのには、当然意義があります。それは、本来植物が耐えられない悪条件下も、生き抜くことができるからです。そうして、むかし森林風土が整えば、発芽ができるように設計されているのです。発芽の規定は、植物の種類を通じて異なります。例えば、春に起きる種類は、とある一定の気温が貫くため休眠から覚め、作用を始めます。また、乾燥した地帯に通じる植物は、土の湿度にて覚醒する。灯に当たるため発芽講じる灯発芽種子というタイプも存在します。このように、発芽の規定は様々ですが、共通して欠かせないものが、水なのです。原材料は休眠から起きるといった、一層吸水を行ないます。そうして膨張し、貯蔵物質を交代し、バイタリティを得て細胞管理を始め、向上の入口をあけるのです。砂漠などの乾き地帯も植物は生きている。豪雨だけ降らない乾いた地面で、植物はどのように生存しているのでしょう。例えばサボテンは、茎を発達させて中に水を貯えます。また、昼間に気孔を閉じ、夜に開いて光合成に必要な二酸化炭素を体内に蓄えるため、蒸散を防いでいる。また、とある植物は、根を進展させ、場所下水まで大成させて水を吸い上げるといいます。雨季という乾季がある熱帯では、乾季を種子で越し、雨季に一斉に芽生え、実を結び、慌ただしく暮しを終えて仕舞う植物や、乾期に落葉させて蒸散を防ぐ植物もあります。
懸賞でカレー粉が当たりました。
当たったのは中辛で、日頃食べている物と同じ辛さでした。
絶えずと同じように調理して、いざ食べるといった、なんだかに辛くて気抜けでした。
計画を確認しても何となく中辛なんですけど、味わいは前に食べた辛口自体。
カレー粉を通じて辛さの度合が違うと聞いたことがありますが、さんざん違うものなんですね。
カレーは中辛なら食べられるとしてましたけど、自身が食べていた時辛は先ず、甘美寄りの時辛なんでしょうね。
但しそうするとこれから上の辛口とか、大辛とか一体如何なる辛さなのか仮説もつきませんよ。
食べられる気がしません。

Comments are closed.