やっぱ半人前にはベートーヴェン

どのセミナーもBGM室のバリアーには毛髪がグシャグシャの恐い表情をした人の挿し絵が飾られていたと思います。そんなふうに、その人はベートーヴェン。誰でも分かる音楽家だ。偉大な作曲持ち家、BGMに世直しをもたらした人類、と評されます。確かにこの人のBGMに、オールは集約されてある。しかも現代BGMという複雑さはなく、ビギナーにも馴染み易い曲も多い。これが彼氏の偉大なところですね。ベートーヴェン、聴いてみませんか。
本格的にクラシックを聴いてみよう、ホビーとしてみようと思われる奴には、交響曲を全曲聴いてください。かのクラシックBGMを話題にしたドラマでは、スタートに交響曲第7番が使用され、これをきっかけに「ベト7」大人気が起こりました。ほかにも第3番、第5番、第6番、第9番が有名ですね。ベートーヴェンは、他にも聞きごたえのある、スピリットをゆさぶる交響曲がありますので必ず聴いて下さい。
交響曲の残りには、ピアノ曲はいかがでしょうか。多くの肖像挿画では気難しそうな顔つきのベートーヴェンですが、ピアノ曲ではロマンティックな透き通るテンポが多く含まれていて、心穏やかにさせていただける。
ベートーヴェンは全能な作曲持ち家でしたので、彼氏の曲からはありとあらゆる人物のBGMに出会うことができます。彼氏無しにクラシックを語ることはできません。メジャーすぎる作曲持ち家だからといって遠慮してはいけません。クラシック入門としてできるだけ何とぞ。
この時期になるとハイスクールやカレッジなどの受験が落ち着いてきましたが、受験生ってほんとに大変だと思います。もちろん自分も●歳前は受験生だった意図なのですが(笑)。今考えると…「思い切りこれ程踏ん張れたなぁ」と懐かしく思ってしまう。
また、受験シーズンは感冒やインフルエンザが流行するピークなので、インフルエンザの注射を受験の時だけ打ちに行った記憶があります。夜遅くまで修練したり、夜食を作ってもらったあのあたりは今でははたして相応しい体験だ。今年の受験生の皆さんも春からは学園生活を力一杯楽しんでほしいと思います!

Comments are closed.