サイドワークで仲間断られてしまいました

ただいま、サイドジョブの現実をスピードアップさせていらっしゃるところです。相当気に入っていたのですが、仕事内容がよくても実例に応募が多数あったらしく、試験文で終わりになってしまいました。こういうこともフリーターだと起こる小物だって傾向なんですけどね。
ちょこっと苦しい心地もしましたが、快くもビジネスがもらえたので今度はもっと良い実例で自分にとっても引力のあるビジネスができれば嬉しいかなって思っています。字予算も上がってきたので、こういう勢いでサイドジョブにおいても繁盛できるよう、頑張りたいだ。もう設立とか考えてもいいのかな?って思ったりしています。
書屋にガイドを返す期限が翌日に迫っていたので、今日の昼休みに返そうと思っていました。だが、仕事上のトラブルがあった結果、その扱いで昼休みのほとんどがつぶれてしまい、ガイドを返しに行くタームがありませんでした。がっかりした盛り上がりで、仕事帰りに携帯をいじっていたら、書屋からのメールアドレスが来ていて、予約したガイドが書屋に届いたことがわかりました。仮に、昼休みに書屋にガイドを返しをめぐっていたら、ガイドの返戻という貸出で2回書屋に行かないっていけない職場でしたが、運よく、仕事帰りに書屋をめぐってガイドの返戻という貸出を1回で済ますことができたので、今度はいやにうれしい気力になりました。

Comments are closed.