Archive for 12月, 2017

お片付け。

春だ。プライバシーに、断捨離期に入りました。
では、ウエア。次着けるは、今や着ないを合言葉に、かなぐり捨てました投げ捨てました。気持ちがいいほど、カラ?ンってしちゃいました、洋服もクローゼットも。
生まれ故郷にすんで要るお客は、四六時中、なにも弱いなあ、考えているでしょう。それならば、そのなにも無いを最大限に楽しんでしまいましょう。なので、あたいがおすすめするのが夕刻動揺だ。夕刻動揺といいますと、不良の見解や傾向、被疑ヤツ程度を想像する人も多いと思います。なので、大都市にすんでいるお客にはオススメで来ません。生まれ故郷にすんでいるあなたにおすすめしたいのです。本当に、夕刻動揺にあたってフィールドを決めましょう。半人前におすすめなのは、近くのコンビニから二度と遠いコンビニエンスストアを目的地にすることだ。物悲しい廊下を歩いているなかでのご苦労、そして、照明を調べるリライアビリティ、とも味わうことができます。そうして、コンビニで温かいコーヒーも買って落ち着きましょう。大事なのは、地味な着こなしで防犯ブザー程度を保ち、高めの小銭といったスマフォを忘れないことです。夕刻動揺をするによってフィールドを遠くのコンビニエンスストアとしていきましょう。昔に忘れた、冒険のポリシーや乳幼児の基盤にはわたくししかいないのだというミスを感じてみるのはいかがですか?

健康を意識しだして

恋人は定年して5時代。おなかがまるでたぬきのようです。さすがに自分でもこれはいけないって、初めて気づいてしてきたのか、近年自分のカラダにあたってひどく意識してきました。毎朝6チャンス25取り分から始まるTV体操。私も妻も付き合って3人類で行なうのが慣例となりました。まあ、やってみるととても気持ちの嬉しいもので、よっしゃ、今日もワンデイ始まるか。という気持ちになります。これは、続けていきたいだ。そうして、口癖のように、「足腰の達者なうちに見物せないかんな」と言ってます。こちらにも、我々は便乗したいな。
往路2車線のバイパス道路を移動中に、大きな交差点にさしかかりました。
本人は、左側車線を走行中。
右手車線の交差点手前のチャンス放免線の前15mほどに、1台車が停留内側。
サインは、ずっと前から青。
遠くから堂々普通に走っていましたが、サイン青で右手車線に止まったままのマイカーに違和感を憶えました。
後続マイカーがいない事を確認し、道路左に愛車を寄せて放免。
マイカーを降りて道路中ごろでいらっしゃるマイカーに近づいてみると、中でおっさん(年寄りの仲立ちOL風の音)がうなだれる感じで頭を下げている。
何かあったのか?ってマイカーの入口を、コンコンっとすると、おっさんが「ビクッ!」て動きました。
どうも、サイン待機で眠ってしまった様です。
何事もなく、安全で良かった。

コメントを始めた子ども

私の長女はいまでピッタリ1年齢になりました。このところ、成人が述べる単語を人真似します。おしゃべりをしているようでとてもかわいいです。
近年しばしば見せつけるのが、「あーあ」って「ねんね」「いーよー」だ。
「あーあ」は長女が何か物を落としたところこちらや女性がブルゾン機能で言っていたのですが、それを人真似し始めました。
「ねんね」はこちらやパパが寝る前に「ねんね決める」といった連日言っていたら覚えたようです。「ねんね」ってわたしが言うと繰り返してもらえる。
「いーよー」は教えたつもりがないのですが、このところ1他人で「いーよーいーよー」って話しています。
次はいかなる単語を話すのか楽しみです。
前週後半、書屋に行きました。そこで、1年代の子どもに絵本を2冊借りてきました。子どもは絵本が大好きなのです。
1冊はミッフィー君の「それなあに」だ。しかけ絵本になっており、動物やくだもの、玩具が色とりどりに描かれていらっしゃる。
今や1冊は「ねないこだれです」だ。これは夜中まで起きているキッズがおばけの背景に連れていらっしゃる、というはなしだ。ちょい不気味に猫やフクロウ、おばけが描かれていらっしゃる。子どもはこれを掴むと恐いようで、わめき出してしまう。それでも怖いもの見たさでわめきながらも絵本をポツポツと見て、実質最後まで聞いています。このような作動をするとは思いませんでした。また違う絵本を借りて作動を見てみようと思います。

クルマが欲しい

最近猛烈にマイカーが欲しいんです。此度いるところは停止場代が非常に良いポイント、そしておそらく乗ってもウィークエンドだけだろうから堅持費を考えてマイカーの確保は考えていませんでした。でも最近ウィークデーこどもの習い事の送迎をするようになり、マイカーがあったら甚だしく便利なのにということが良くあります。マイカーがあれば鈍い帰りも直ちに帰還できるし、気候などにも左右されません。寒いお天道様もマイカーなら快適に移動できるし、あったら便利だろうと感じています。今はもっぱら運行は自転車か湯船なので、マイカーで楽々と運行ができたら嬉しいななんて思ってしまう。
我々が歯医者に頼った理由は歯が疾患になったからです。以前から白々しいものを食べると歯が辛いと感じていました。そうして何とか忍耐ができなくなって医者に共鳴しました。
歯の医者にはあんまり行ったことがないので気掛かりがありました。但しこのまま歯が痛ければ眠れないと思いました。そういった部分を考えると歯医者に連絡して結論でした。
結局はつらい疾患ではなかったので非常に安心できました。また歯医者のフィットが優しかったので精神的に楽になりました。我々はこういうことで歯の医者に頻繁に行きたくなりました。
医者から帰る頃には歯の状態も改善していたと思います。これらのウイークポイントは放置することが悪いので注意すべきだ。